RSS

音楽を楽しむ部屋

防音工事を施す目的として、音楽を楽しむことが出来る部屋を求めて防音を施すことが選択できます。
ホームシアターとはまた違い、楽器ごとに想定される音量は違ってきていますし、音のタイプも変わってきます。
ですから、音楽に造詣のある防音工事業者に作業を発注するのがよいです。
少なくとも、リハーサルスタジオやドラム室レベルの工事を行なうことが出来る業者に相談すると安心できるといえます。

特殊な施工の必要性

音楽を楽しめる部屋にしようと思うと、どうしても工事を施した後の部屋は特殊な環境になっている必要があります。
防音室というものは、本来の住居内の壁から独立したもう一つの箱が設置されているようになっているべきです。
その箱は、住居の壁からは防振剤で支えられるのみの、浮き床、浮き天井、浮き壁という構造が保持されていることが求められます。
そうすることによって、壁を伝って漏れだしてしまう音声や振動を遮断することができます。
そういった工事を施工できるのは、専門的知識と実績のある施工業者のみです。
決して安くはない工事であるがゆえに、専門家に相談するのが良いです。