RSS

音と映像を楽しむ時間

防音という言葉を聞くと、楽器演奏をする家のためのもののように思われることが有ります。
確かに一時はそういった時代もあったかもしれません。
しかしながら、ホームシアターシステムなどが一般化された現代ではそれは限られた家だけのことではなくなりました。
楽器を演奏する側だけでなく、聴いて楽しむ側、そしてエンターテイメントを楽しむ側にとっても、防音工事は必須です。
せっかくのサラウンドシステムも、せっかくのウーファーも、音を出しきれなくては台無しです。
サウンドシステムを完成させたものの、結局ヘッドホンで楽しむような生活は悲しいです。
防音工事を施して、最大限趣味を楽しめる場所にするのが良いです。

集合住宅の場合

マンション住まいでホームシアターを楽しもうと思うならば、なおさら防音工事が重要です。
大音量で音を出して楽しむという観点から考えると、吸音を行なうための素材を部屋に敷き詰めれば良いと考えてしまうものです。
ですが実際は、音の力とは振動によって伝わるものです。
ですから、大きな音量が出ているときは思っている以上に、振動が発生しています。
そして更にその振動は、低音になるほど制御することが難しい振動となります。
それを他の部屋に伝えないためには、専門の遮音工事が必要です。
そのため、専門家に相談することが重要だといえます。