RSS

音楽を最大限に楽しむための防音

音を楽しむ
音楽の起源は狩猟時代にまで遡ると言われています。もちろんその時代では、声や物を叩くといった原始的方法でしたが、長い時代を経た今でも音楽を楽しむ気持ちは変わらず、私たちは歌ったり、CDやレコードを聞いたり、楽器を演奏したりしています。このように、私たちの生活に音楽は当たり前のように存在しているものですが、世の中に同じ人間が居ないように、全く同じ音楽の趣味嗜好の人も居ません。そのため、同じ音を聞いてもそれを楽しめる人と、そうでない人が出て来ます。楽しめる人にとってそれは「心地良い音」であり、反対にそうでない人にとっては「騒音」になります。音楽と騒音は紙一重と言えますね。その違いによってご近所トラブルになることもしばしばあるようです。音を楽しむためには、自分だけでなく周りのことも考えることが重要です。

防音対策
周りに不快感を与えず、自分の音楽を充分に楽しむためには『防音対策』が有効になります。音楽を発する場所(音源)を定め、そこから他に音が漏れていかないようにする措置です。具体的には、遮音性の高い躯体や、吸音性の高い仕上げで部屋を囲ってあげる工事になります。ところで、音には周波数というものがあって、それによって高い音や低い音といった違いが出てくるのですが、防音対策によって漏れにく出来るのは「高い音」の方になります。実は「低い音」というのはなかなか減音することが難しいのです。そのため、音源に高い音が多いのか、低い音が多いのかによっても、防音対策の仕様が違ってきます。

あなたに合った防音対策を
あなたの好きな音楽を充分楽しむには、あなたのお部屋の形状や大きさ、音源の種類によって、オーダーメイドの防音室を作ることが大切です。防音工事をお考えであれば、ノウハウを持った専門業者に相談してみましょう。

Comments are closed.