RSS

音楽のためだけではない

防音工事が必要な時とは?
防音室と言えば、楽器演奏などをする部屋というイメージが強いのではないでしょうか。外に音が漏れると、近所迷惑になってしまいますので、最初は防音室ではなくても後から防音工事をして防音室にする方もいらっしゃいます。また、部屋全体を防音室にするのではなく、最小限の防音ブースを作るというケースもあります。趣味やお仕事で、ご自宅で楽器を演奏される方はこのような防音工事が必要となることがあります。しかし、防音工事は楽器演奏のためだけに必要なのではありません。

防音工事のきっかけは音楽だけではない
例えば、小さいお子様がいらっしゃるご家庭。戸建住宅であればお子様が走り回る音などが階下に響くことを気にする必要はありません。しかし、集合住宅の場合はどうでしょうか。集合住宅であれば、お子様が走り回る音が響き、階下の住人に迷惑がかかるかもしれません。また、隣室の部屋からの生活音に悩まされることも考えられます。そういった騒音による近々トラブルを防ぐためにも、防音工事や防音施工が必要となるのです。大掛かりな防音工事ではなくても、床に防音マットを敷くといった対策をとることをおすすめいたします。

しっかりと下調べをしましょう
防音工事をする際は下調べをしっかりと行いましょう。音の大きさは様々です。気になる音のレベルを把握して、必要最低限の材料で防音工事を行えば費用を抑えることができます。ご自身で調べるのは難しいと思いますが、防音工事を請け負っている業者であれば、防音工事前の下調べを行い、依頼主の相談にもしっかりと答えてくれます。

Comments are closed.