RSS

音のレベル

【防音室とは】
防音室とは、音楽鑑賞や楽器演奏をするなど、大きな音が伴うことをする際に回りに音が漏れ出ないように遮音対策を施した部屋のこと。音を漏れ出さないようにするだけではなく、外からの音も入ってこないので、必要な音だけを聞くことができて、歪みの無い美しい自然な音が聞こえるように、反響高価と吸音効果を考えて作られているものです。

【音の大きさ、dB(デシベル)】
0dBは何も聞こえない。
10~20dBは呼吸程度の音。
30dBはささやく様な声程度。
40~50dBは図書館内程度。
60dBは通常の会話程度。
70dBは大声での会話程度。
80dBは交通量の多い道路程度。
90dBはカラオケの中程度。
100~110dBは車のクラクション程度。
120~130dBはジェット機の音程度。
通常の生活の中では、自然の中で暮らす人にとっては、うるさくても60~70dB程度。都会に住む人であれば、~110dBくらいの音の中を生きているのではないでしょうか。
【防音室の効果】
防音室も様々で、作り方によっては遮音性の低いものから高いものまで様々に作ることができます。
その中でカラオケをする場合に、カラオケですとおよそ90dBですので、防音室の効果が40dB減音の場合に、中からの音が図書館内程度の50dB程度に聞こえるということですね。それではまだまだ、足りないということであればさらに防音効果を高めることもできますし、皆様のご趣味や、お仕事にあった防音室を作られることをお勧めいたします。また、効果としては、防音なので、暴れたりすることができるようになるわけではありません。

Comments are closed.