RSS

音のトラブル

感情公害

防音されていない場所では音が漏れている可能性があり、騒音問題に発展することがあります。こういった生活音からくる問題は感情公害とよばれ、見えない場所からの音に悪感情を抱きストレスをため込んでいる方もいらっしゃいます。
クレームなどからいざこざに発展する場合もありますし、時にはため込まれたストレスが爆発し傷害事件に発展することもあるかもしれません。
音を出す人・受ける人

音を出す人から見れば周りに聞こえるとは思っていない、この程度なら大丈夫、子供のすることだからと考えるかもしれません。それは音の発生源を知っているからという心理が関係しているようです。しかし受ける人にとっては、出す人との関係が薄ければ薄いほど音の発生源がわからないのが実情。この温度差が音を受ける人の被害意識をどんどんと募らせていきます。仮に事情を知っていても時間や頻度によりストレスを感じているかもしれません。

防音対策

前述のように、もしもそういった問題になってしまえば周りを巻き込んでしまう恐れがあります。例え問題になっていなくてもやはり近所の方とは良好な関係を築きたいですよね?そんな時は防音対策をしてみるのが良いと思います。
どうしても音が出てしまうご家庭もあると思うのであらかじめ、あるいは早めに防音対策をとることでそういった問題から解放されるのではないでしょうか。
ただ、防音対策に詳しくない方が多いのも事実です。防音対策について詳しくなければインターネットの情報サイトなどを利用してみるのも良いでしょう。
中にはご自分で防音対策を取る方もいるかもしれません。でも、防音対策にはそれなりの知識が必要となるので、うまい具合に防音対策が出来ないこともあります。業者ならば適切な防音対策がしてくれると思うので、相談するのがオススメです。

Comments are closed.