RSS

防音工事はしっかり行う

近所トラブルを防ぐ

防音工事は防音室などを作ることで室内の音が外に漏れ出ることを防ぐのが目的ですが、何故防音
しなければいけないのでしょうか。
例えば、あなたが楽器を弾く人だとして、その音を聞くのもとても楽しいことだと感じているとします。
自分にとっては心地よい音だとしても、他人から聞けばただの騒音になることは容易にわかるでしょう。
その為に近所トラブルが生じたりすることを考えると、防音工事の重要性が分かると思います。

防音室とは

防音室とはどんなものなのでしょうか。防音室とは、中で発生した物音を外に漏らさないと同時に、
外からの音が中に入ってこないようにするものです。一般的にはレコーディングスタジオも防音室
の一種です。
防音室は壁面にウレタン製のマットなどを埋め込み、音のエネルギーを減衰させて外にも出れることを
防いでいます。防音室内では、相当大きな音を出していても、外に漏れ出るのは僅か、場合によっては
殆どゼロに近いということで、一般の住宅では、主に自宅で楽器を演奏する方や、ホームシアターを設置
しているかたが設けられることが多いようです。

メーカー製の防音室
防音室は、部屋をまるごとリフォームする物もありますが、メーカーからプレハブタイプのキットとして販売
されているものもあります。これらはユニット単位で現場に運び込み、そのまで組み立てるので施工も簡単
で、更にメーカー製ということもあって防音性能も確かなものです。

Comments are closed.