RSS

防音室の最新事情

音楽を楽しむために必要なこと

ご自宅で楽器を弾いたり歌を歌ったりと、音楽を快適に楽しみたいと考えている方にとってネックとなるのが騒音の問題。最初から防音室がある物件であれば別ですが、お住まいに初めから防音室が装備されていたり、部屋に防音工事がされていることはあまり無く、適切な防音工事が施工されていない部屋で音楽を楽しもうとしても、同居のご家族にうるさいと思われてしまったり、さらには外にまで音が漏れてしまったりすることで近隣の方に迷惑をかけてしまい、不要ないわゆる「ご近所トラブル」に発展しないとも限りません。このようなことから、せっかく音楽を家でも楽しみたいのに、防音室が無いために諦めてしまったという方も多くいらっしゃるかもしれません。

意外なものが防音室に

部屋に防音工事を施そうと考えた場合、やはりそれは部屋をリフォームすることと同様の意味を持ちますので、かかる時間も費用も、そんなに少ないものではありません。ご自身の部屋を防音に優れたものに変えたくても、そのような面でなかなか踏み切ることができないという経験がある方もいらっしゃると思います。「防音」といえば大がかりな工事が必要になるというイメージを覆す、なんと「ダンボール」を防音室の材料にしているものまで登場しています。単なるダンボールであれば、やはりその耐久性は経年劣化してしまいますが、長年の研究によって作り出された強度のあるダンボールを使用して、防音効果にも優れているものが登場しているのです。ダンボールであれば組み立ても簡単ですので気軽な防音室として利用することが可能になります。

さまざまな防音室事情

このほかにも、パーテーションを組み立てることでパネル式の防音室が出来たり、一畳にも満たない大きさの簡易的な防音室などさまざまなものが出てきています。しかし、完璧に音を遮断したいという方には、やはり本格的な防音工事を検討されるのもオススメです。吸音・遮音など、防音の仕組みに対する知識も必要になるので、工事を行なってくれる業者にご相談されるのもよいかもしれません。

Comments are closed.