RSS

防音室にエアコンを

防音室がなぜ防音できるか

防音室が、何故外に音を、もしくは外からの音を中に入れず、静かな環境で楽器の練習などが出来るかご存じですか?
防音室の壁は、防音材と呼ばれる特殊な素材を使って作られています。これは、音をよく跳ね返す素材や、音を吸収するような素材を使っています。ただ、一番大切なのは外と中で隙間が出来ないことです。隙間があれば、まるで手ですくった水が指の隙間から漏れていくように、音が漏れだすことになります。

音だけが密閉されるわけではありません

隙間をなくせば密閉されるのは、音だけではありません。空気の流れも完全に遮断されるので、防音室の内部と外は完全に遮断されることになります。これにより、内部の熱が空気の流れでどこかへ流出することは無くなります。実際は、防音材などを通じて外部に熱が出て行ったり、外からの熱が入り込むことはありますが、どちらかと言うと、中に熱がこもっていくことの方が多いようです。

エアコンを取り付ける場合

簡易型の防音室、後付で防音室を作った場合は、エアコン用に穴を開ける必要があります。
この穴は。、外に通じているため若干防音性能に差がでますか、防音工事業者の方と話し合いながら、どの程度音を軽減できればいいかを考えれば、エアコンを取り付けても問題ないことがある場合もあります。
防音室を作るときは、そうしたことを前提として設計してもらうと良いかもしれません。
防音工事は周囲への配慮というものもありますから、しっかりと考えることが必要です。

Comments are closed.