RSS

防音の方法

防音の方法

防音の方法には、音を外に漏らさない。音を吸収するという方法があります。
この中でも音を吸収する方法は、よく一般な方法で、よく知られているのはウレタン製の吸音ボードを使ったものです。
デコボコの付いた吸音ボードは、音を吸収して外に漏らさないようにすることが出来ます。
また、音を外に漏らさない方法では、ドアや窓を分厚いものに交換し、隙間をぽパッキンなどで埋めることで、音が外に漏れる事を防ぎます。

後から作る防音室
しかし、後付で防音シートや防音パネルを設置するだけでは何だか不安だと言う方もいらっしゃると思います。
そんな方にお勧めなのが、室内に設置する防音室です。ユニット化されているパネルを組み合わせた防音室は、室内に個室として
防音室を作ることが可能です。マンションや部屋数の少ない一軒家など、部屋全体を防音室にするのが難しい場合は、こういった
後付の防音室を導入するのも有効な手段です。このタイプのメリットとしては、壁で区切られている専用の空間なので、例えば
楽器の練習などは集中しやすいということがあるようです。

床の防音対策

室内全体の防音対策は、どちらかと言えば楽器やカラオケの練習をする人が注目するものですが、床だけの防音にも一定の需要があるようです。
特に、階下への足音を抑えたい場合は、床に防音パネルなどを仕込んで、階下に足音が伝わらないように工事を行うことも多いようです。
特定部分だけの防音工事は効果を発揮しにくいこともありますが、費用は抑えることが可能なので、一考の価値があるといえるでしょう。

Comments are closed.