RSS

迷惑をかけず思い切り楽しみましょう

音楽は癒し
楽しい時、悲しい時、辛い時、元気になりたい時、いろんな場面でもそこには必ず音楽があります。音楽は私たちを豊かにしてくれる癒しのパーツかもしれません。そんな音楽は、現代の私たちだけでなく、古代の時代から人は音楽に触れてきた歴史があります。「音楽を楽しむ」ことは昔も今も、そしてこれからも続いていくことでしょう。

音楽と騒音は紙一重
そんな音楽ですが、人の数だけ人の趣味嗜好というものが存在するように、音楽にも好き苦手があるのは仕方ないことです。自分が好きな音楽が聴こえてきたら嬉しく思うでしょうし、気分も高揚します。しかし苦手な音楽であれば、気分が下がったりイライラしてしまうこともあるでしょう。音楽は癒しになるものであることは間違いありませんが、自分が気持ちいい音楽=皆も気持ちいいとは限りません、自分がいくら気分よくなっても逆に誰かの気分を悪くしてしまう=騒音になりうることもある、ということを考えなければいけません。単に音楽だけではありません。テレビや掃除・洗濯、会話など日常生活で起きる全ての音も同様です。音楽・音というのは、なるべく自分の範囲内で留めておくことが大事になります。

防音を考えましょう
私たちは家の中では主であり、つい何をしても構わないという気になりがちですが、壁を隔てたすぐ向こうには別の人が住んでいます。壁や床を通じて、開けた窓を通じて、音が漏れてしまう可能性はいくらでもあります。そのためには音を漏らさないという「防音対策」を施しておくことが重要です。しっかり防音をした部屋で、大好きな音楽は自分だけで思い切り楽しみましょう。

Comments are closed.