RSS

良音と騒音は紙一重

心地よい音と騒音
十人十色と言いますが、人によって趣味嗜好は様々です。音楽もそうですね。Aさんは好きな音楽でもBさんは苦手ということも珍しくありません。つまり、ある人にとっては心地よい音であっても、ある人にとっては心地悪い音=騒音になり得るということです。この音を巡っての近隣トラブルというのは、至る所で起こっており社会問題の一つとも言われています。特にマンションやアパートなどの集合住宅では、両隣、上下階の部屋の音が伝わり易いので、トラブルになる可能性は高いと言えます。

騒音防止に防音室を
騒音防止には防音対策工事を施工することをオススメします。具体的には、騒音の発生源となる部屋の壁や天井、床の遮音性、吸音性を高めて、音を外に漏らさない「防音室」を作るということです。遮音性を高めるにはなるべく重い材料、理想としてはコンクリートや鉄板などの壁を設けることです。既設マンションには難しいと思いますので、遮音性の高い石膏ボードなどを設置するのが効果的です。吸音性を高めるにはグラスウールなどの吸音材を充填することです。学校の音楽室や体育館など壁はこの吸音材が張られていることが多いです。

防音工事は専門業者に
音というのは非常に扱い辛く、計算上では問題なくても実際はその通りにならない場合があります。防音工事は専門業者に依頼して、最終的に問題がないよう最後まで調整してもらいましょう。

Comments are closed.